基本長崎弁!自分、不器用ですから…。
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
050913最近考えていること
 
 
【2005/09/13 02:15】
 
 
今日はちょっと真面目な話のため長崎弁はなしで。
悪しからず。
その代わり、ちょっと相田みつを風に。


現在の世界の人口は64億人。
国連の予測では、2050年には100億人
果たしてこの地球上でこれだけの人が住めるのかなぁ。


まずは食糧について考える。
先進国は肉食偏重の食生活と言っても過言ではない。
1990年、アメリカ合衆国の年間食肉消費量は115kg/人
インドでは1kg/人
ちなみに日本は約50kg/人
これが世界の現状。
そして、食肉生産は穀物に依存している。
つまり、穀物を生産し、その穀物で食肉を育てている。
穀物→家畜→人。
畜舎のウシの肉1kgを得るのになんと7kgの穀物が必要なのである。
つまり、食肉を育てることは食糧生産の観点からみると、非常に効率が悪い。
先進国の人が食肉消費量を減らすと仮定する。
そして家畜を養うために生産された穀物を飢餓に苦しんでいる国に送るとする。
そうすれば飢餓で苦しむ人は少なくなるはずである。
まずは食肉偏重は考え直すべきだなぁ。


‘残したらダメ!世界には食べたくても食べられない人がいるんだから!’
よく聞く言葉。
実感を持ってない人は多いと思う。
発展途上国では、自国民の食糧よりも先進国のための換金作物の生産を優先してきた。
つまり、発展途上国の人々は飢えを我慢しながら、先進国の人のために作物を作っているのである。
2000年の日本の食糧自給率は40%
つまり、残りの60%は海外に頼っているってこと。
日本の食卓の半分以上海外のもので、その内何割(ここまでは調べられなかった)かはそのような人々が作ってくれたもの。
先進国のエゴのしわ寄せが発展途上国に及んでいるってこと。
いつも感謝して食べろとは言わないけど、ときどきそういうことも考えてほしいなぁ。


最後に。
将来、100億人の人口を十分養うことができるだけの食糧を生産できると国連は推定している。
それは二毛作、高収穫品種・肥料・灌漑などによってである。

しかし、以下のような悲観的な見方もある。
耕地可能な土地でも、利用しやすい土地はすでに開発されつくされ、農地拡大は1980年代終わりには止まった。
また、土壌流出や地質の変化で農業に適した土地は世界中で急速に減っている。
潜在的に耕作可能な土地を利用するためには多額の費用と高度な技術が要求される。
都市化、工場建設などで、耕地の拡大が簡単に望めない。
農地の酷使による土壌の浸食や劣化が起こり、増収は期待できない。

専門家じゃないから何とも言えないけど、もう一度勉強し直すとしたら、農学部に行くかなぁ。
実際には行かないけど、院の研究ではどうにかこういったことに関連したことしたいなぁと模索中。


最後まで読んでくれてどうもありがとうございます。
自分で調べたことだし、間違ってるとこもあるかもしれません。
何かあったら教えて下さい。

何か感じるところがあれば幸いです。


参考文献
田辺和裄(1995)『生物と環境-生物と水土のシステム-』東京教学社
スポンサーサイト

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

アメリカのミリタリーが使ってる泥水を飲用水レベルの水にまで変える浄水器を開発してる友達がいるのね。すごい画期的な方法でこないだのコンベンションで正式にイラクで使われることが決定したの。で、その人がこないだHawaiiに来まして話ました。「どうして、その技術を発展途上国に持っていかないの?」って。そしたら「この機械によって苦しむ人が減るのは事実だけど、それが結果的に発展途上国の人口も増やすことになる。」って言うの。だから、政府も関連施設もオファーしてこないんだって。信じられる? 私は絶句したよ。 だから、人数の増加を阻止するためにも発展途上国の環境を改善することにはGoサインがでないのが現状だっていってました。どう思う?
聞いた話だし違ってたらごめんなさい。
【2005/09/13 05:45】 URL | ふかん #- [ 編集]


確かに農業、環境問題は深刻よね~。
自分も環境ビジネスが専門なので時々考える事があります。

地球の誕生から現在までの46億年の歴史を一年間であらわすと。

1月1日は地球の誕生日。
大地が誕生したのが、2月上旬(42億年前)。
海が生成されたのが、2月中旬(40億年前)。

人間が誕生したのは、12月31日23時55分(5万年前)。
文明が発祥したのは、12月31日23時59分(一万年前)。

  参考資料「こども地球白書2003-04」

ほんの数十秒~一分の時間でこんなにされたら、地球の側から見ればたまったもんじゃないよね。
犬ぼーのブログを読んでそんなこと考えまました。世界の食料事情についてはあんまり知識がなかったので参考になったです。
最近は、地球に優しい製品(少し値段が上がるけど…)なんかを購入して排水には気をつけてます。出来るところから、頑張ってるよ(^o^*)/


【2005/09/13 17:16】 URL | neko-sun #- [ 編集]


すごくまじめな事かいてますねw

う~ん、未来の事は結局そのときになってみないと分からないものなんですよね^^;今温暖化って言われてるけど、数十年前までは地球寒冷化説が主流だったらしいですし^^;ま、何にしても食べ物は作ってくれた人への感謝の気持ちを忘れずに頂きましょうw

>ふかんさん
はじめまして^^
難しい問題ですね^^;確かに発展しだすと人口が増えてしまうんですね;;だからといって苦しむ人々を見過ごすのはちょっとつらい気もします^^;でももし世界全部が先進国になってしまうと、地球全体が少子高齢化になってしまったり・・・;;どうすればいいのかなぁ・・・。


>ねこさん
はじめまして?
そうですね、地球からすればホントにたまったものじゃないですよねw
【2005/09/13 20:53】 URL | Morily #SE/fKokU [ 編集]


>ふかんさん
うん、実際そういうことはありそうだね。
これから産まれてくる赤ちゃんの数を抑制しようっていうのならまだ分かるけど、今そこにいる人を見殺しにするってのは間違ってる!
少なくとも食糧の面から考えれば、先進国が贅沢を抑えれば、もっと多くの人口を養える訳だしね。
先進国の人々は総じて発展途上国の人々をどこかで人として捉えてない気がするなぁ。
先進国って言ってもちょっと先に裕福になっただけで同じ人間なのにね。
まずはこの現状を一人でも多くの人に知ってもらうことが自分にできることだと思ったので、書いてみました。

>neko-sunさん
ね、自分のできる範囲でいいからまずはそこから始めることが重要だよね!

>Morilyさん
そのときになってみないと…っていうのはちょっと怖いなぁ。
皮算用でもいいから将来のことを考えるが重要だとおいは思います。
【2005/09/13 21:17】 URL | 犬ボー #- [ 編集]


園芸学部(農学部のようなもの)なので、このような話題は腐るほど聞いてきました。でも、聞くたびに問題が大きすぎて喪失感が深まるばかり。自分にできることって何なんだろう?
【2005/09/14 00:29】 URL | isozaki #- [ 編集]


おいはまずはこの現状を少しでも多くの人に考えてもらえたらと思って、こういうことを書いたよ。
まずはこの現状を知ってもらえただけでもすごい進歩だと思う(自己陶酔かなぁ)。
0→1(=種植えるようなものかなぁ)になったんだから。
10個種植えれば5個は芽を出すかもしれない。
1個は花をつけるかもしれない。

目の前の壁の大きさに絶望するよりも穴掘ってみたり、壁叩いてみたり、自分にできることをしてみたらいいと思う。
isozakiさんは園芸学部で、おいが話すよりも絶対説得力がある!
ブログとかでちょちょって書くだけでもいろんな人に影響与えられるはずだよ。

選挙とかでも‘1票入れたからって国が変わるわけないじゃん’じゃなくて、‘この1票には国を変える可能性がある’って思って投票するよね。
投票だけじゃ物足りないと思うのなら立候補すればいいわけだし。
この分野は園芸学部のisozakiさんのフィールドだろうし、やろうと思えば何でもできるんじゃないかなぁ。

なんか説教染みて不快にさせるかもしれないけどおいはそう思います!
【2005/09/14 01:19】 URL | 犬ボー #- [ 編集]


いえいえ、貴重な意見ありがとう。しかし、何学部だっけ?このような分野に熱く意見を言えるのはすごいね。
壁を叩いたり、穴を掘ったりして、小さな‘可能性’にかけたいと思った分野は残念ながら、農業の分野ではないと勉強していくうちに気づいたの。
でも園芸学部で得た知識は私しか持っていないものだし、それを提供することはできるよね。おっしゃるとおり、知識を何らかの形にできればいいと思います。
【2005/09/15 00:53】 URL | isozaki #- [ 編集]


おいは工学部土木環境工学科環境共生コースやね。
3年までは土木と環境に関わることを広くやってたね。

うん、自分のできることからお互い頑張ろう!
【2005/09/15 01:33】 URL | 犬ボー #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://inuboo.blog17.fc2.com/tb.php/52-293394bc

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。